スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

区分審理で近大ボクシング部2元部員、対象外事件を認める(産経新聞)

 裁判員裁判対象の強盗致傷を含め、強盗や恐喝など16~17の罪で起訴された元近畿大学ボクシング部員の元少年2人=いずれも(20)=の初公判が4日、大阪地裁(中里智美裁判長)であった。

 対象外事件と対象事件を分けて審理し、最後に全体の量刑を含めた判決を出す「区分審理」を採用。この日は裁判官のみで対象事件と無関係の12事件の審理を行い、2人は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

【関連記事】
路上強盗容疑で近大ボクシング部の学生2人逮捕
近大ボクシング部廃部 OB・赤井英和「伝統消え悔しい」
近大ボクシング部事件で大阪家裁が少年2人を逆送
世界王者らもショック…部員強盗事件で近大ボクシング部廃部
名門、近大ボクシング部が廃部 部員2人逮捕で

トイレで男性拳銃自殺か=アクアラインPAで―千葉・木更津(時事通信)
エジプト エジプト・日本科学技術大学が開校(毎日新聞)
NHK職員が酔って公務執行妨害(産経新聞)
<東横イン>女性社員が労組結成 法令順守要求へ(毎日新聞)
大学教育関連3事業を廃止=省庁別事業仕分け―文科、内閣府、総務(時事通信)
スポンサーサイト

アユ 多摩川産「江戸の味」復活 川崎(毎日新聞)

 川崎市多摩区のそば店「蕎麦酒房 笙(しょう)」が提供する多摩川の天然アユのてんぷら料理が、話題を呼んでいる。多摩川のアユは高度成長期の水質悪化で姿を消していたが、近年は遡上(そじょう)が増加。冷凍ものも含めれば、年間を通じて提供できるようになったという。地元住民らは「食文化の復活」と喜んでいる。

【関連記事】多摩川:アユの遡上ピーク

 調布市郷土博物館(東京都)などによると、多摩川のアユは江戸時代、幕府に献上されるほど姿や味が良く、庶民にも親しまれた。昭和30年代までは、現在の京王多摩川駅(調布市)周辺にアユを出す料理屋や旅館が軒を連ね、客が屋形船で漁の見物を楽しんだ。

 1970年代には、家庭排水の垂れ流しなどで遡上は見られなくなったが、多摩川水系に10カ所の下水処理場が整備された結果、水質が改善。近年は平均で年約100万匹が遡上しているという。

 中流でアユ漁を続ける川崎河川漁協によると、年間を通じて天然アユが食べられるのは「笙」だけ。昨年3月からメニューに加えたところ、「本当に多摩川でアユがとれるのか」「多摩川のアユ料理は懐かしい」と話題になり、年1200食が出る人気となった。

 料金は約18センチのアユに野菜を添えたてんぷらが480円。経営者の阿佐美笙子さん(66)は「川の復活で天然アユが食べられるようになってうれしい」と話している。【竹内良和】

【関連ニュース】
【写真特集】水に生きる仲間たちがたくさん 毎日水族館
【写真特集】稚アユや卵の珍しい写真も
【特集】郷土料理のページ 川魚もいろいろ
アユ漁:解禁に太公望次々…大分・日田の玖珠川
アユ漁:解禁…1500人が清流に糸 静岡・興津川

技あり!柔道初段の女子高生、ナイフ奪い知恵使い強盗御用(スポーツ報知)
口蹄疫 「厳戒態勢」の中で競り 和歌山(産経新聞)
ワクチン接種ほぼ完了=一部、反対農家残る―口蹄疫問題(時事通信)
名古屋場所、組幹部観戦に親方2人が便宜(読売新聞)
「精神医療に推進力ある枠組みを」―厚労省検討チームが初会合(医療介護CBニュース)

大阪女性失踪 「離婚して一緒に…」女性の願い暗転(産経新聞)

 結婚をちらつかせ、職場の部下の女性と不倫した男が逮捕された。会社役員として順風満帆の人生を送っていた川上容疑者は「別居中の妻と離婚して一緒になる」と浜地さんをくどいていた。女手一つで長男を私立大に通わせていた浜地さん。実家に「再婚して近くに家を建てる」と報告し、幸せそうだった。実際は、川上容疑者は家族と同居を続け、離婚のための協議すらしていなかったという。

 関係者や実家近くの住民によると、2人は4~5年前、勤め先の上司と部下として知り合い、交際が始まった。浜地さんは行方不明になる直前まで頻繁に川上容疑者に電話をかけていた。親しい人に「彼は奥さんと別居中で年内に結婚する」と紹介し、川上容疑者も、浜地さんの前では「妻と離婚して一緒になる」と話していたという。

 浜地さんは子煩悩な性格で、川上容疑者と会う際、長男を交えて3人で食事をすることも多かった。長男にとっては1月2日夜、3人で食事をしたのが母親との最後の思い出となった。

 捜索願を出した後、長男は「あんなにぼくを溺愛(できあい)する母が無断で長期間いなくなるなんて絶対におかしい」と強く警察に訴えていたという。

【関連記事】
死体遺棄容疑で交際相手の会社役員を逮捕 大阪の女性失跡
被害女性の養父が車内で練炭自殺 大阪・ポリ袋死体遺棄事件
川底からダンベル、遺体につけた重り? 鶴見川女性殺人
2年前も保険金かけ不審死 ネット縁組は今年2月
淀川堤防ポリ袋遺体、36歳女性は化粧なし
中国が優等生路線に?

事業運営権の創設で新方式=PFI法を改正へ―内閣府(時事通信)
卓上フラッグで「みどり33」PR(産経新聞)
<板橋・資産家夫婦殺害>妻のかばん未発見 強盗容疑が浮上(毎日新聞)
「花園」名物・ラグビーキャベツ、今が旬(読売新聞)
鳩山首相「国民のおしかり反省」=政権運営への意欲強調-就任半年

「寂しさ紛らわせるため飼った」 メジロ捕獲した2人書類送検(産経新聞)

 自宅でメジロを違法に捕獲、飼育したとして、警視庁西新井署は12日、鳥獣保護法違反の疑いで、いずれも東京都足立区、タクシー運転手の男(71)と無職の男(70)を書類送検した。同署によると、2人とも容疑を認めている。71歳の男は「一人暮らしの寂しさを紛らわせるために飼った」と話している。

 同署によると、71歳の男は1~4月に、70歳の男は昨年12月~今年4月に、自宅の庭でわなを使ってメジロを捕獲するなどし、計5羽を飼育した疑いが持たれている。

 鳥獣保護法は研究や保護目的などを除き、メジロの捕獲や飼育を禁じている。

【関連記事】
「妻を亡くしさみしくて」 大阪府警が野鳥違法飼育の男摘発
絶滅危惧種捕獲で男を逮捕 滋賀の淡水魚を販売
“仲間”の鳴き声で寄せ、鳥もちで野鳥を捕獲 ペットショップ経営者を逮捕
天然記念物の淡水魚を密売 容疑の業者を逮捕 滋賀県警
絶滅危惧種の魚、ネット販売「マニアの心理突く」

法人税滞納、産廃業者を逮捕=資産隠し容疑-大阪地検(時事通信)
火災の遺体に外傷、殺人で捜査 千葉県警(産経新聞)
「黒澤明記念館」建設を事実上断念(読売新聞)
【土・日曜日に書く】ワシントン支局長・佐々木類 「ルーピー」と書かれた首相(産経新聞)
太地町民の水銀濃度「全国平均の4倍」 「健康被害」大丈夫なのか(J-CASTニュース)

谷川岳でスキー滑落 川崎の男性死亡(産経新聞)

 4日午後0時35分ごろ、群馬県みなかみ町湯桧曽の谷川岳(1977メートル)で、スキーをしていた東京都品川区の男性会社員(46)から「友人ががけから転落した」と110番通報があった。

 駆けつけた県警沼田署員が、積雪部分から約200メートル下の岩場で倒れている川崎市川崎区下並木、会社員、石田俊介さん(41)を発見。石田さんは頭を強く打って、間もなく死亡が確認された。

 沼田署によると、現場は谷川岳ロープウエー天神平駅から約1・5キロの、急峻(きゅうしゅん)な山岳地帯。同署で詳しい事故原因を調べている。

【関連記事】
北ア・剣岳で男性が滑落死
立山で雪崩、男性死亡 登山パーティー巻き込まれ
山岳遭難、3割増 平成21年統計 群馬県警地域課
山中で不明の男性2人を発見 1人は死亡、もう1人も骨折の疑い
片山さんら3人遭難-危険な冬の富士登山

鳩山首相「小沢幹事長には頑張っていただく」(産経新聞)
「牛と衝突」軽乗用車大破、男性重傷 (読売新聞)
<野口聡一さん>「宇宙授業」ISSから(毎日新聞)
うれしいのは時間より“気持ち” 母の日のプレゼント(産経新聞)
衆院選挙制度見直しを=山口公明代表(時事通信)
プロフィール

Author:つかだゆうじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。