スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間移設反対、徳之島で1万人規模の集会(読売新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として鳩山首相が有力視する鹿児島県の徳之島で18日午前、約1万3000人(主催者発表)が参加する移設反対集会が始まった。

 島民2万6000人余りの同島では異例の大規模集会で、地元3町長も主催者として参加。首相が「5月末までの決着」の前提条件とする地元の合意を得るのは、絶望的な状況にあることが改めて鮮明になった。

 集会は、3町長のほか、商工会や漁協など約60団体でつくる「米軍基地移設反対協議会」が主催し、徳之島町の漁港に特設会場を設けて行われた。島民たちは「絶対反対 NO BASE」「国は住民の声を聞いて」などと書いたプラカードを掲げ、気勢を上げた。

 高岡秀規・徳之島町長は「アメリカもノーと言った徳之島案はありえない。最後の最後まで、反対の輪を広げていこう」と呼びかけた。

 徳之島では3月末にも4200人が集まり、移設反対集会を開催。今回の1万人集会は当初、5月に計画していたが、政府が地元への説明をせずに移設案を検討していることに対抗し、前倒しで実施した。

裸の撮影「虐待ととらえず」=介護老人施設側が会見-宇都宮(時事通信)
東北・秋田新幹線、一部区間で運転見合わせ(読売新聞)
仙谷・枝野両大臣が介護施設を現地視察(医療介護CBニュース)
学校帰りの小学生はねられ死亡 83歳の会社員を逮捕 西東京市(産経新聞)
JR富山駅、仮駅舎の利用開始=北陸新幹線工事で〔地域〕(時事通信)
スポンサーサイト

橋下“維新の会”初陣 大阪市議補選に46歳女性役員擁立へ(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事を代表に19日に発足した地域政党「大阪維新の会」が、5月14日告示、23日投開票の大阪市議補選・福島区選挙区(欠員1)の候補者選定で、大阪市内の会社役員、廣田和美氏(46)の擁立を軸に、最終調整に入ったことが20日、党関係者の話で分かった。近く正式承認したうえで、22日にも公表する見通し。

 関係者によると、廣田氏は会社役員で、大阪青年会議所のメンバーとして活動した経歴があり、民間シンクタンクが行った事業仕分けのメンバーにも加わったこともあるという。

 大阪維新の会は19日に正式発足。次期統一地方選で府議会や大阪市議会での過半数の議席獲得し、府市再編を実現することを目的に旗揚げしており、大阪市議補選はその「初陣」として注目されている。

 補欠選挙は、選出の大阪市議が今夏の参院選に出馬するため、辞職したことに伴い実施される。これまで、民主公認の国本政雄氏(33)と、共産公認の山田みのり氏(33)の新人2人が立候補を表明している。

【関連記事】
橋下新党、経済人の会200人規模の見通し
橋下知事「民主は究極の中央集権志向政党」
橋下&ヒロシーズ…新党乱立、それぞれの「狙いと勝算」
三洋電機、関空発の輸送便3%増加へ
バイクで500万円入りバッグひったくり 東大阪
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

原発建設ラッシュ、66基に=昨年から14基増-産業協会調査(時事通信)
雑記帳 龍馬も飲んだお酒再現、幕末のこうじ菌使う 長崎(毎日新聞)
「日本で働く韓国人ホステスの方が金使う」韓国人ホストクラブ摘発(産経新聞)
<前長崎市長銃撃>献花台前に冥福祈る…事件から3年(毎日新聞)
菅家さんが選挙権回復=「市民として社会参加」-栃木(時事通信)

水俣病「救済措置」を閣議決定…全面解決へ(読売新聞)

 水俣病未認定患者を救済するため、政府は16日、昨年7月に成立した水俣病被害者救済法に基づく「救済措置の方針」を閣議決定した。

 訴訟外で救済を求めていた被害者を対象に、一定基準を満たせば210万円の一時金などを支給する救済策の詳細を定めた。訴訟による解決を求めた被害者団体が先月、同様の条件で国などとの和解に合意しており、全面解決に向けた救済措置と和解の二つの枠組みが決定した。政府は5月1日から、熊本、鹿児島、新潟の3県で救済申請を受け付ける予定。

 救済されるのは、熊本、鹿児島県の水俣湾や、新潟県の阿賀野川の周辺地域に居住し、工場排水に含まれたメチル水銀に汚染された魚介類を多食し、手や足先などに感覚障害がある人。環境省では、対象者は3万人を超える可能性があるとしている。

 救済希望者は申請後、3県が指定する公的医療機関で受診。3県に設置される判定検討会で対象となるかどうか判断する。

 訴訟外で救済措置の受け入れを表明した熊本、鹿児島両県の三つの被害者団体には、原因企業のチッソが、これまでの活動経費や胎児性水俣病患者の支援施設整備費などとして計31億5000万円の団体加算金を支払う。両県分の一時金はチッソが、新潟県分の一時金は原因企業の昭和電工が、それぞれ負担する。チッソは過去の補償債務などで債務超過に陥っており、国や熊本県が支援する。

小中学校 市町村に教員人事権 文科省、移譲認める(産経新聞)
米紙に「哀れで頭おかしい」  ここまで言われる鳩山首相(J-CASTニュース)
建設現場で男性倒れ死亡 大阪・淀川区(産経新聞)
札幌で最大風速30m超の強風、6人けが(読売新聞)
「省庁再編」を政権公約に=財政健全化の道筋も明記-民主(時事通信)

「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル(産経新聞)

 鉄道の高架化と地下化などによって全国各地で減少している踏切。こうした中、名残を惜しむかのように「踏切観察」が静かなブームになっている。鉄道マニアでなくても親子や恋人同士で参加でき、お目当ての電車に出くわすこともできる。地味で嫌われものだった踏切が「昭和」の香りを漂わすシンボルとして表舞台に立とうとしている。(日出間和貴)

 ≪昔からの「街の番人」≫

 「電車に乗ってしまうと踏切に関心が向かず、車に乗っていると逆に邪魔になる。踏切はかわいそうな『街の番人』。でも、電車を見たいと思ったら昔も今も踏切に行くのが一番」

 ライターの小川裕夫さんは踏切をこよなく愛する通称「フミキリスト」の一人。仕事で地方を訪れるたびに用途や形の違う踏切に魅せられ、カメラのレンズを向けてきた。

 近著『踏切天国』(秀和システム)には、各地のユニークな踏切が紹介されている。東海道新幹線の引き込み線(静岡県浜松市)にある踏切▽全長130メートル、渡り切るのに2分もかかったというJRと西武鉄道の拝島駅(東京都)近くの踏切(すでに廃止)▽「踏切警手」が残る名鉄神宮前駅(名古屋市)そばの踏切…。

 小川さんによると、踏切には土地の歴史が刻まれているという。「懐かしい地名が消えていく中で、踏切の名は往時について語ってくれる。例えば、阪急西宮球場の跡地は商業施設になっているが、踏切名は昔のまま『球場前』。そんな目線で踏切を楽しむと、意外な発見がある」

 ≪投げやりな?名称≫

 一方、地図研究家の今尾恵介さんにとって、鉄道の最初の記憶は幼稚園児のころ。JR東海道線平塚駅(神奈川県)から工場に延びていた引き込み線の踏切だった。「踏切の名称はさまざま。特にJRは基本的に固有名詞を使うので興味深い。東海道線辻堂駅近くには英国人の邸(やしき)にちなんだ『異人館踏切』という哀愁あふれる踏切もある。そうかと思えば、『畑道踏切』『墓場踏切』に代表されるような即物的、投げやりと思える踏切もあり、駅名に比べても多彩でユニーク」

 最近、新曲「踏切」を出したシンガーソングライター、なぎら健壱さんも踏切に特別な感情を抱く。「仕事の合間に商店街を歩くのが好きで、夕刻、空が赤く染まる中を主婦や学生が踏切を急ぎ足で渡る光景に、何とも言えない侘びしさを感じる」という。

 踏切に感情移入する人が多くなった理由について、小川さんは「現役で走っているうちは不人気だった列車でも、廃止が決定されると鉄道ファンが殺到する。消えゆく踏切にも、それに似た思いが見え隠れする」と分析している。

                   ◇

 ■全国でピーク時の半分の3万4000カ所

 国土交通省によると、全国の踏切数(平成20年)は約3万4000カ所。昭和36年のピーク時と比較すると、半減しているという。渋滞の原因とされ、社会問題化した「開かずの踏切」(ピーク時の遮断時間が1時間当たり40分を超す踏切)は東京、大阪を中心に解消されてきたが、欧米に比べて東京の「踏切密度」は依然、高いようだ。踏切には4種類あり、遮断機も警報機もない「第四種踏切」は安全上の問題から各地で姿を消している。都内にはほとんど見かけなくなったが、都電荒川線には3カ所残る。

渡部氏発言は「激励」=官房長官(時事通信)
<火災>マンションの一室全焼、1人死亡2人重体 川崎(毎日新聞)
観光地「朗報」利用者「戸惑い」 高速上限料金制(産経新聞)
高齢者の7割、将来に不安=健康、介護、収入で-内閣府調査(時事通信)
名張毒ぶどう酒事件 再審の可能性も…最高裁が差し戻し(毎日新聞)

校長の発言、人権侵害と勧告=女児殺害事件後に同級生PTSD-九弁連(時事通信)

 長崎県佐世保市立大久保小で2004年に起きた小6女児同級生殺害事件に絡み、九州弁護士会連合会は31日、当時の同小校長の発言などが、加害者と被害者の同級生だった少年(17)の人権を侵害したとする勧告書をまとめ、県教委と同市教委に提出した。
 少年と母親は07年6月、事件後の元校長の発言や県教委、市教委の対応で、少年が心的外傷後ストレス障害(PTSD)になったなどとして、長崎県弁護士会に人権救済を申し立てていた。
 勧告書では、元校長の発言などを少年らの人格権を侵害する行為と指摘。また、県教委や市教委がまとめた報告書に対しても人権を侵害しているとして、是正措置を取るよう求めている。 

【関連ニュース】
伝統行事に「動物虐待」の声=文化財指定の当否判断へ
県教委職員を酒気帯びで逮捕=大分県警
58歳男性教諭を懲戒免職=授業中に胸触る
いじめで自殺、両親が県を提訴=携帯に遺書、教委は否定

<独禁法違反容疑>ジョンソン・エンド・ジョンソン立ち入り(毎日新聞)
<チリ大地震>原発5地点で津波50センチ超す…保安院(毎日新聞)
ケアマネが介護保険書類を紛失―東京都板橋区(医療介護CBニュース)
北海道4児死亡 車内に使い捨てライター、紙に引火か(毎日新聞)
「大阪都」構想に呼応 大阪市会の自民市議団が勉強会発足(産経新聞)

視聴率 NHK「ゲゲゲの女房」歴代最低(毎日新聞)

 29日に始まったNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ゲゲゲの女房」の視聴率が、関東地区14.8%、関西地区10.1%といずれも過去最低を記録したことが、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの関東地区の最低は「どんど晴れ」(07年度上半期放送)の14.9%で、0.1ポイント下回った。放送開始時間を15分繰り上げ、午前8時からとしたことが影響。48年ぶりの変更で、視聴者側の混乱を招いたことが一因とみられる。

【写真特集】ゲゲゲの女房:オープニングに鬼太郎、原作・武良さんは「身震い」 NHK朝の連ドラ完成試写

 国民的番組といわれる朝ドラだが、ここ数年視聴率が低迷している。15分繰り上げは視聴者層拡大を図るもので、新年度番組改編の目玉。1961年4月に始まった朝ドラの開始時間変更は第2作(62年4月~63年3月)以来となるため、NHKは駅頭の看板や折り込みチラシなどでかつてない宣伝を実施していた。

【関連ニュース】
【写真特集】ゲゲゲの女房:語りは野際陽子 南明奈がマンガ家、杉浦太陽“ねずみ男”に NHK朝の連ドラ
【写真特集】注目ドラマ紹介:NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」 松下奈緒が水木しげるさんの妻に 午前8時放送
【写真特集】松下奈緒:来春のNHK連ドラ「ゲゲゲの女房」ヒロインに 「うれしくて震えた」
視聴率:「ウェルかめ」史上最低、関東で13.5%
番組改編:あの手この手、4月の民放各局 NHKは朝ドラ15分繰り上げ

雑記帳 鉄道ファンの聖地に新施設(毎日新聞)
千葉女子大生殺人、ATM男6回目の起訴 一連の捜査は終結(産経新聞)
門真の2歳児虐待 母も認識?少年問いつめる(産経新聞)
LDH、旧経営陣と和解=賠償訴訟終結-東京地裁(時事通信)
<夫絞殺>容疑の69歳妻逮捕 35年寝たきりの夫に頼まれ(毎日新聞)
プロフィール

つかだゆうじ

Author:つかだゆうじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。